マタニティ整体

  • 妊娠中の肩こりや腰痛をどこで治療したら良いかわからない
  • 妊娠してからむくみや冷えがキツくなった
  • 妊娠中や産後について気軽に相談できる場所がない
  • 産後どのようにしていけば良いか分からない
  • 産後も体のケアをしていきたい

マタニティ整体

 

マタニティ整体とは妊婦さんを対象にした整体で、体をほぐしながら骨の歪みや関節の歪みを整えることで、妊娠による体のバランスの崩れや血行不良から起こる肩こり・むくみ・だるさなどの改善が期待できるほか、リラックス・リフレッシュ効果も得られます。
歪んで固まった筋肉をほぐして骨盤を正しい方向に持っていくことで血流がよくなり腰痛やむくみ等の解消が期待できます。

 

産後の骨盤矯正ケアについて

骨盤は3つの骨で構成されています。出産時、女性は赤ちゃんを産むためにリラキシンというホルモンが分泌されて骨と骨をつないでいる靭帯が緩んで、骨盤が開くことで赤ちゃんが産道を通れるようになります。

妊娠・出産で広がってしまった骨盤は、産後3~4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、徐々に元状態に戻ろうとします。
しかし、妊娠前や妊娠中に骨盤の歪みがあったり、産後3ヶ月頃までに横座りや椅子での足組み、猫背といった体を歪める姿勢をとることで、骨盤は正常な位置に戻らなくなってしまいます。
骨盤が元の状態で固まる(閉じる)までは、骨盤の骨を結合している靭帯は柔らかく緩み、骨盤はグラグラの状態です。
この時期に骨盤を正しい位置に戻すことで、出産前よりも健康により美しくなることも可能なのです。

産後、骨盤が戻らないとどうなるの?

 

骨盤周辺の血流が悪くなり、脂肪の燃焼がうまくいかなくなってしまうため、太りややすい体、また、歪みの為に骨盤、股関節周辺に痛みが発生したり肩こりや腰痛やむくみ、冷え性にもつながってしまいます。

また、妊娠により8~10㎏の体重増加を伴うため、インナーユニットの底部を担っている骨盤底筋群への負担が増し、尿もれを引き起こしやすくなってしまいます。

尿もれで悩む妊婦さんは経産婦さんに多く、一度出産しているという経験が関与していると言われています。

このような場合には骨盤底筋群に焦点を当て、インナーユニットが適切に使える身体作りを実施することで尿もれが改善されることが多いです。

大事になる筋肉がインナーユニット(インナーマッスル)と言われる体の体幹の筋肉です。正確には、腹横筋・横隔膜・骨盤底筋群・多裂筋という4筋で構成されています。さらに上半身と下半身を支えている腸腰筋と言う筋肉です。

産後の骨盤ケアについて

産後は骨盤がゆるみ、広がっている状態です。
しかし逆に言えば、骨盤がゆるんでいる時期は、調整しやすい時期でもあるのです。
是非この機会に、当院グループで体を整えましょう
またインナーユニットと腸腰筋を鍛える事で、姿勢が変化します。そして、それに伴い、負担がかかっていた部分が解消され、むくみ、腰痛、膝の痛みが緩和されるのです。

 

福生市、立川市、あきる野市、青梅市、昭島市、羽村市で展開する福生整骨院グループで、お身体のお悩みを一緒に解消しましょう。お気軽にご相談ください。

ホームページを見た!で自費施術の初診料無料