ギックリ腰

  • ギックリ腰で急に動けなくなってしまった
  • 痛みが癖になってしまい何度も繰り返してしまう
  • 朝起き上がる時に立ち上がることができない
  • ベッドで寝返りが出来ず、起き上がることが出来なかった
  • ギックリ腰で仕事を休み日常生活が不安

ギックリ腰 早期治療が大切です

なぜ、ギックリ腰が起こるのか?

そもそもギックリ腰とはなんなのか?

ぎっくり腰は、日常生活中に前兆がある方、ない方と様々ですが、ぎっくり腰の方に共通するのは「突如として腰に激痛が走り痛くて動けない」この症状が一番多いです。

この腰の痛みの激しさから西洋では「魔女の一撃」と呼ばれています

 

原因は色々とありますが

  • 日常生活での不良姿勢
  • 仕事での動作
  • スポーツでの一方向動作

これらが積み重なって身体に負担を掛け続け、健康なときには、当たり前にできる動作で腰を痛めてしまうのです。

ギックリ腰が悪化する、改善しない理由

ただ筋肉をほぐしても意味がない?!

一般的なぎっくり腰は、2週間を目安に改善していきます。

しかし、短期間でぎっくり腰を繰り返す方がいます。

これは、ぎっくり腰で異常が出ている腰の部分が改善していても、ぎっくり腰になった原因の部分が改善していないために、ぎっくり腰を再発させてしまうのです。

更に、1回目のぎっくり腰よりも、再発したぎっくり腰の方が痛みが酷く出る場合が多く、しっかりと原因部分を改善させる必要があります。

痛みが収まってきても自己判断で仕事復帰やスポーツ復帰は危険ですので、しっかりと原因部分に対して施術を行っていく必要があります。

 

体を根本改善し繰り返しギックリ腰が出ないようにしよう!

ぎっくり腰の原因と考えられる仙腸関節は、骨盤の一部です。
骨盤全体が歪み背骨が曲がって猫背になると、自然と姿勢が悪くなり腰の負担が倍増します。
ですので、骨盤や背骨などの骨格を見直して、悪い姿勢を解消しましょう。
身体のバランスがよくなると、自然に良い姿勢がインプットされて、腰への負担が軽減され、ぎっくり腰を繰り返さないのです。

 

福生整骨院グループではどうやってギックリ腰を治療するの?

原因は様々ですが、多くの人に骨盤の「仙腸関節」の問題がみられました。

仙腸関節は骨盤の蝶番であり、上半身の重みを支えている土台となっている場所です。

この仙腸関節が、日常生活の急な負担によって支えきれなくなり、突然の痛みを引き起こすのが、ぎっくり腰なのです。

 

ぎっくり腰は患部に「炎症」が起きていることが多いので、この時期に腰のマッサージは危険になります。

 

なので患部ではなく、患部に負担をかけている関節を調整し負担を軽減させます。

 

初期は痛みが強いため、冷シップや安静で対処され、「身体はいじらない方が良い」と言われてしまう傾向があります。

福生整骨院グループではハイボルテージといった炎症を抑える調整など痛みの強い初期から施術をすることが可能です。

これにより早期に回復が見込めますので、日常生活により早く復帰することが期待できます。

しかし、初期症状は痛みが強いことが多いので、無理な施術はせず負担がかからないように最小限の力で施術を行うように心がけています。

「痛くて動けない」「このまま痛みがよくならなかったらどうしよう」と不安な方は、放置せずに早めにご相談ください!

 

福生市、立川市、あきる野市、青梅市、昭島市、羽村市で展開する福生整骨院グループで、お身体のお悩みを一緒に解消しましょう。お気軽にご相談ください。