交通事故による症状

むち打ちの人

  • 交通事故に遭って、むち打ちになった
  • 交通事故による骨折、捻挫の回復をしたい
  • 交通事故後、腰痛が続いている
  • 腕や足など、関節の痛みがある
  • 頭痛、めまい、吐き気があって困っている

むち打ち症(頸部捻挫)

むちうちになった男性交通事故後によくみられる症状に「むち打ち症」があります。

むち打ち症というのは、病態の通称で、医学的にはいくつかの傷病名があり、診断書には「外傷性頸部症候群」と書かれたりします。

むち打ち症は、事故による不意の衝撃で身体に起こる病状で、首の痛みなどのほか、ひどいときは頭痛、肩こり、吐き気、めまいなどがみられます。

頸椎捻挫の多くは一部分の軽い症状にとどまりますが、重症例では、交感神経や筋肉の異常な緊張により、腰が重い、肩がこる、上半身がしびれる、眼が疲れる、だるいなどの症状が見られ、長年苦しむこともしばしばあります。

よくある症状

  • 頚の周辺の痛み
  • 頚が回らない、動かすと痛みが出る
  • 頭痛や吐き気
  • 耳鳴り、眼の疲れ
  • 手や上肢のしびれ
  • 腰背部の張りや痛み
  • イヤなだるさや重さ

事故後に自覚症状がなくとも、身体は目に見えないダメージを受けていることが多く、処置が遅れることで症状が残り慢性化したり、疲労感や頭痛、肩こりなどの後遺症につながったりするケースもあります。できるだけ早めの受診を心掛け、後遺症のリスクを軽減させましょう。

事故の直後はどうすれば良い?

頸部や上肢に痛みや症状がある場合、無理に動かそうとしないで安静を保つことです。
水で濡らしたタオルなど、冷たいものを当ててみて、少し気持ち良く感じるようなら、患部を冷やしておいた方が良いでしょう。いずれにせよ、病院での画像診断は必要ですので医療機関への受診を早急に行ってください。

福生整骨院グループではどんな施術を行うの?

施術私どもは、永く症状を残しやすい微細な骨格のズレに着目し、むち打ち症状の方に対して、“根本改善”を目的とした施術を行います。

症状により数々の手法がありますが、痛みが生じている部位のみではなく、骨格・筋肉・筋膜・神経に影響を及ぼす構造的な問題を検出し、的確に補正を行っていきます。

20年以上の経験と実績

機器使用 施術当院は交通事故によるむち打ち症の治療を数多く取り扱ってきた実績があり、20年以上、数多くの勉強会、症例検討を開催してきています。

「事故からしばらく経って、頭痛や吐き気に悩んでいる」
「事故後に体が重くてだるい…」

といった、不定愁訴や自律神経症状にお悩みの方も、ぜひ一度当院へご相談下さい。

詳しく状態を伺った上で、患者様一人ひとりにあった施術によりさわやかに改善いたします。

交通事故による骨折、捻挫

交通事故によるケガ

手首の痛み交通事故では、腕や手首や下肢の骨折や捻挫のような怪我も多く有ります。

バイクや自転車で転倒したり、エアバックによる反動で胸部を打ったり捻挫をしたり、ダッシュボードやフロントガラスにぶつけた際に骨折してしまったりと様々なケースがあります。

骨折に関しては、動かそうとするだけで強い痛みが伴いますので、事故が起きたら早急に病院または医療機関を受診し、レントゲンやCTなどの画像検査により診断を受けることができます。

早期の適切な治療が大切

骨折の治療骨折のような大ケガであれば、受傷した場合は早期の診断、治療が必要です。

ケガの程度により、手術や固定、入院や装具などの処置が行われます。

入院や固定による関節機能の低下や拘縮に対しては早期の機能回復のサポートが必要です。

捻挫や打撲などでは、医療機関からの痛み止めや湿布薬の処方、電気治療といった対処療法で終わってしまうことが多く、痛みが引いてからも「なんとなく事故前と違う…」といった違和感を覚える方も多くいらっしゃいます。

このような後遺症を防ぐには筋骨格の機能改善を早くから図ることが大切になります。

整骨院では治癒への回復をただ待つのではなく、機能改善促進のための積極的なリハビリをサポートすることが可能です。

病院との併用や転院も可能です。一人一人に合った細かな機能改善のための施療を最大限活用されることをおススメいたします。

骨折後のリハビリは整骨院で

施術交通事故後に後遺症を残さず早期回復するためには、整形外科の精密な画像診断と整骨院の機能改善サポートの「良い所取り」をしながら利用するのがおススメです。

私どもの整骨院では、骨格の緻密な調整と、筋肉、筋膜の癒着をリリースする技術でケガの後遺症を後に残さないためのサポートを行うことができます。

身体各部の関節の機能回復は早期開始が良い結果につながります。通院にあたっての不明な点はどうぞ遠慮なくお問合せ、ご相談ください。

交通事故後の腰痛

交通事故が原因の腰痛

交通事故でよくある症状の中に、腰痛や腰背部痛があります。

前屈や後屈など動作に伴う場合もあれば、座っているだけで痛みが出てくるケースや、足のしびれを伴うものなど多くの種類の症状があります。

事故直後の強い痛みは引いたものの、いつまでも何らかの不調が残るといったケースは本当に多く見受けられます。

病院で行われるレントゲンやMRIといった画像診断で異常のある場合も、所見の見つからない場合も実は多くあります。

以下に、よく見られる3つのタイプをご紹介します。

1.腰椎捻挫

腰椎捻挫は、交通事故やスポーツで、筋肉・神経・関節などに不意に急激な負荷が腰椎にかかることが主な原因だといわれています。このように急激な負荷が腰椎にかかってしまうと、関節包、靱帯、筋膜が損傷するため、腰椎捻挫の痛みが生じるのです。

2.筋・筋膜性腰痛

不意の衝撃は、筋肉・神経・関節などに急激な負荷をかけます。体の動かし方によって、腰椎周辺の腰方形筋・大腰筋・脊柱起立筋などの筋肉を痛めてしまうことで生じる腰痛です。腰を構成する腰椎に沿って患部を防衛するために過剰な緊張が生じている状態です。筋肉と筋膜が必要以上にギュッと収縮して硬く重くなるタイプの腰痛です。

3.仙腸関節性腰痛

骨盤の中心部にある重要な仙腸関節がズレたり損傷すると、歩くことや、特定の動作時に腰背部に痛みが生じたり、しばらく座っているとズーンと重だるいような痛みを感じるようになります。
片側の腰やお尻に痛みを感じることもあります。

  • 仰向けで寝ることができない
  • 痛いほうを下にして寝ることができない
  • 長く椅子に腰をかけるのがつらい
  • 座っていて痛い方のおしりを浮かせたくなる
  • 動き始めが痛い

福生整骨院グループの腰痛治療

スタッフ施術私どもの整骨院では、腰痛の回復に独自の視点と施療法を持っています。
一般的な、電気をかけて揉むだけではない、筋骨格バランスの調整が可能です。
骨盤と関節のパルペーションにより画像診断で見えない細かい動きのチェックができるので、
より早い機能回復を促すことが可能です。

  • 関節へのアプローチ
  • 筋肉へのアプローチ
  • 筋膜リリース
  • 神経からのアプローチ
  • 動作保全のアプローチ

交通事故やスポーツで痛めた腰痛に対して、より効果的な結果を創れるよう定期勉強会などを20年以上にわたり開催してきた実績があります。多くの症例から学んだ数多くの手法は、あなたの腰痛を緩解させるきっかけとなる可能性があります。
ぜひ一度、ご相談ください。

関節の痛み(腕・足)

腕や足の痛みは多くある

膝の痛み私どもの整骨院には、交通事故により腕や足に痛みを抱えている方が多数いらっしゃいます。

腕や脚は、交通事故時に怪我を負いやすい部位の1つです。

ハンドルを握っている際やペダルに足を乗せている際にぶつけたり捻ったり、エアバッグの衝撃を受けたり、衝突のタイミングでドアやフロントガラスに強打したり、どこにぶつけたのか、どう捻じったのか全くわからないといったケースもあります。

早期から機能回復のケアを始めて、後遺症を残さないようにしていくことがポイントです。

多彩な症状が出やすい

手のしびれを感じている女性腕や足に痛みやしびれが残ると、永い間その症状と付き合わなければならないケースが見受けられます。

日々使い続ける手や足は、安静にしすぎれば筋出力が落ちてしまうし、使いすぎれば疲労や炎症などの原因ともなります。

関節が日常生活で使えないと関連する筋肉や筋膜が弱化することで言葉にしがたい症状が長期にわたり出てくるということが起こります。

付随する症状として、

  • 首こりや肩こりがひどく痛みがある
  • 腰痛が出るようになった
  • 足にしびれや痛みがある
  • 頭痛が頻繁に起こるようになった
  • 事故後、体調の不調が続いている

福生整骨院グループの関節治療

スタッフ施術医療機関によるレントゲンやMRIといった画像診断であっても発見できない異常が有ります。

静止している関節では見えない関節の細かな動きは、周囲の筋肉や靭帯、関節包、神経といった協働する組織、器官に影響を与えます。

そういった、動作に伴う症状に対しても私どもの整骨院では施療することが可能です。

病院の一般的なリハビリとも違う機能改善サポートが可能です。

症状のある局所にだけ答えを求めるのではなく、身体内の筋膜連動を追うことで、少なくとも関節可動域の改善はより早く見込めるため、後遺症の残りにくい動作と筋出力の確保がしやすくなっています。

なかなか解決しない症状にお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

頭痛、めまい、吐き気

不定愁訴という迷路

めまいの女性頭痛やめまい、吐き気というような、いつ来るか自分でもわからない症状、事故後に永く不調を感じている人の中には、その不調を他者に言葉で伝えることが難しいケースも現実にあると思います。

交通事故後によるケガには、一般的に出血や骨折、捻挫などがありますが、実は“目に見えないケガ”というものも多く存在するようです。

不意の衝撃は、物理的にも身体組織の損壊ダメージにつながることが知られています。

事故から数日経った頃に、頭痛や吐き気、めまいなどの不調、いわゆる不定愁訴を訴える方も多くいます。

レントゲン画像では見えない

「事故の時に頭を打ったから?」
そうかもしれませんが、このような症状に悩む方は、事故後の精密検査で異常が見つからなかった方がほとんどです。
外観的に見えないので「本当なのですか?」と言われて心が傷ついている人も実際にいると思います。
事故から数日経った頃に頭痛や吐き気、めまいなどの不調が起こると「自律神経」に関わる症状が連鎖的に現れます。このようなダメージは、レントゲンやMRIには映らない“目に見えないケガ” によるものと考えられます。

福生整骨院グループの対策

頭皮の施術医療機関によるレントゲンやMRIといった最新の画像診断であっても発見できない異常というものが存在することは事実です。

静止している関節では見えない関節の細かな動きは、周囲の筋肉や靭帯、関節包、神経といった協働する組織、器官に影響を与え、不快な自律神経症状を引き起こします。

そういった、自律神経症状に対しても私どもの整骨院では施療することが可能です。

曖昧な症状のある局所、局部にだけ答えを求めるのではなく、身体内の筋膜連動を追うことで、少なくとも自覚症状の改善はより早く見込める結果が現実にあります。

なかなか解決しない症状にお困りの方は、ぜひ一度ご相談ください。

ホームページを見た!で自費施術の初診料無料