膝の痛み

  • 正座ができない
  • 階段の昇り降りがつらい
  • 病院で膝の手術をすすめられている
  • サプリを飲んでいるけど変化が感じられない
  • 繰り返し膝の水を抜いている

施術身体に痛みがあると充実した生活を送る妨げになってしまいます。

特に膝は立ったり歩いたりするだけでも負担のかかる場所であり、痛みが直接的に日常生活に支障をきたしやすい部位でもあります。

また膝の痛みは自分でどう対処したら良いか分かりにくい場合が多く、結果的にただ安静にしているだけで、根本的な痛みの解決ができていない方が多くいらっしゃいます。

どうして膝が痛くなってしまうの?

膝の痛みはどちらか片方の膝に偏って出ることが多いと言われています。

何故両方の膝でなく、片方に強く出やすいのでしょうか?

原因は、体の歪みや重心位置のズレにあります。

例えば身体の土台となる骨盤が歪むことで、左右の脚の長さに差ができてしまいます。

片方の足だけ靴を履かずにいるような状態です。

そんな状態で生活していると、左右の脚にかかる負担にも差が生じ、膝の関節の軟骨が擦り減ったり、膝周りの筋肉が硬くなったりしてしまいます。

また、片足にだけ重心をかけて立つクセがあったり、姿勢が悪かったりしていると、身体の重心が正しい位置からずれてしまい、同様に膝に負担をかける原因にもなってしまいます。

長年そういった状態が続くことで、膝への負担が蓄積し、痛みに繋がってしまうのです。

「運動した方が良い」と言われたけど痛くてできない・・・

膝痛膝の痛みには、脚の筋肉が衰えていたり、体重が増え過ぎてしまっていることも関係してきます。

そのためウォーキングや運動などを勧められた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

だからといって、痛みが酷く、歩くこともままならない、という方も多くいらっしゃいます。

そのような方は運動をするより先に、痛みを引き起こしてしまっている別の原因を取り除く必要があります。

 

スタッフ施術例えば、股関節や太もも、ふくらはぎの硬くなってしまっている筋肉を緩めてあげたり、骨盤の歪みを整えたりすることで、膝にかかってしまっている負担を減らすことができ、痛みを軽減することができます。

また、膝に負担がかかりにくい方法でも脚の筋肉を鍛えることも出来るため、無理をせずにしっかりと筋力をつけていく方法もご指導させていただきます。

辛い痛みを我慢せず、まずは無理のない方法で痛みを軽減することからはじめてみませんか?

 

「手術するしかない」と言われてしまった・・・

カウンセリング病院で手術が必要と診断される場合、膝の関節が変形してしまっていることがほとんどです。

たしかに変形してしまっている関節は、痛みを引き起こす原因になってしまいます。

しかし痛みの原因はひとつだけではないことがほとんどです。

膝の手術をしても、別の痛みの原因が残ってしまっているせいで、痛みが残ってしまう事もあれば、手術をしなくても別の原因を取り除くことで、日常生活には支障をきたさない程度まで痛みを軽減出来る場合もあります。

 

膝の状態を改善できる方法は決してひとつだけではありません。

諦めずに様々な道を模索していきましょう!

福生整骨院グループの膝への施術

女性 K・T様膝の痛みの原因は膝だけにある訳ではありません。

着目すべき問題として、

・姿勢や骨盤、重心や骨格の歪み

・股関節や太もも、ふくらはぎなどの筋肉の硬さ

・膝に負担をかけない姿勢を維持するための筋肉

といった様々な原因にアプローチしていく必要があります。

 

施術一人ひとりで骨格の歪み方、硬い筋肉などが違うため、丁寧なカウンセリングや検査で体全体をチェックしていきます。

その体の状態に合わせた、当グループ独自の筋骨格バランス矯正で筋肉をあるべき状態に戻し、骨格を整えていきます。

 

更に膝に負担をかけない姿勢を維持するための筋肉《インナーマッスル》を鍛えるために、特殊な電気を使った機械で刺激を加えて筋力を強化していきます。

 

福生市、立川市、あきる野市、青梅市、昭島市、羽村市で展開する福生整骨院グループで、お身体のお悩みを一緒に解消しましょう。お気軽にご相談ください。