アキレス腱炎

  • かかとの後ろ側やふくらはぎの下側が痛む
  • つま先立ちが痛い
  • 歩いたりジャンプをすると痛い
  • 動き出しが痛い
  • アキレス腱の周囲に腫れや熱感がある

運動をしようと動き始めた時に、ふくらはぎの下の方やかかとの後ろ側に痛みが出たりしませんか?このような症状が出る場合はアキレス腱炎かもしれません。

アキレス腱炎って何?

アキレス腱炎とは、ふくらはぎの筋肉である下腿三頭筋とかかとの骨である踵骨を繋ぐアキレス腱に損傷・炎症を起こした状態を指します。

アキレス腱炎はオーバーユース(使いすぎ)によるものが多く、アキレス腱に過剰な負担がかかり、回復する時間が十分でない場合に発症します。

ランナーに多く発症しやすく、テニスやバスケットボールのプレイヤーにもよく見られます。

特にジャンプの踏み込みや着地、前後の切り返すダッシュ、走行中の急な方向転換、カーブや固い路面の走行などはアキレス腱にかかる負担が大きく、アキレス腱炎を起こしやすいです。

スポーツをされる方に発症しやすいですが、特に運動習慣がない方が急に運動を始めた際にも起こります。

他にも靴があっているかどうか、偏平足などもアキレス腱炎のリスクを高めると言われています。

アキレス腱炎ってどんな症状が出るの?

アキレス腱炎の主な症状は歩行時の痛み、アキレス腱の圧痛や腫脹、熱感等があります。

運動時の痛みは運動開始時に強くなり、運動を続けると徐々に軽減に軽減してくることが特徴です。

症状がひどくなると足を動かすだけで痛みが走り、痛みが続くので日常生活や運動も困難になります。

そのままアキレス腱炎を治療せずに痛みを我慢して運動を続けていると、炎症を起こした組織が繊維状の瘢痕組織に置換されてしまう場合があります。

瘢痕組織に置換された組織は元通りに再生しなくなり、柔軟性に欠けるため、アキレス腱断裂を引き起こすリスクとなってしまいます。

アキレス腱炎の治療法は?

アキレス腱炎は基本的に保存療法を行います。

運動をしている場合は中止し、患部を安静に保ちます。

熱を持っている場合はアイシングをして腫れを引かせ、テーピング等も用いながら痛みと炎症を和らげます。

痛みが引いてからは、ハムストリングスから下腿三頭筋のストレッチを積極的に行い、柔軟性をあげることでアキレス腱への負担を減らします。

また練習メニューを見直すことも重要です。

福生整骨院グループでは急性期の症状にはハイボルト療法を行います。

炎症を抑え、痛みを引かせて日常生活での負担を軽減し、その後、骨格の矯正を行います。

アキレス腱炎では症状が治まってからもストレッチ等のケアが重要になります。

アキレス腱炎を起こしてしまったという事は、荷重のバランスが崩れてしまっていることが多いからです。

常に片方の足に体重をかけてしまうとアキレス腱への負担が大きくなり、再発のリスクとなってしまいます。

また、痛みが出ると患部をかばおうとする代償動作が無意識に行われます。

これをそのままにしておくと、アキレス腱炎の症状が落ち着いた後に、症状の出ていない方の足に痛みが出たり、腰痛を引き起こしたりしてしまいます。

全身のバランスを整えることで再発の防止をすることができます。

 

福生市、立川市、あきる野市、青梅市、昭島市、羽村市で展開する福生整骨院グループで、お身体のお悩みを一緒に解消しましょう。お気軽にご相談ください。

ホームページを見た!で自費施術の初診料無料