ブログ

筋肉
2018年04月03日

筋肉に柔軟性があった方が良い理由~東京都 立川市 中央線青梅線南武線多摩都市モノレール立川駅徒歩5分 立川わかば整骨院~

4月に入り新学期、新入生、新社会人、新年度と環境が変わる季節になってきました。 環境が変わると体の方も変化が起き、体を痛める方が出てくるようになってきます。   いかに快適な日々を過ごしていくか、日頃のお体のメンテナンスが必要になってきます。   その中でご自身の筋肉は硬くなっていませんか疲れが抜けにくいなど不調になっていませんか? 不調改善をしていくために今回は筋肉の柔軟性があった方が良い理由を簡単になりますがお伝えさせていただきます。   ①筋肉は関節を動かす時に使う、骨格を支える時に使われています。 ②筋肉の中には神経があり、内臓器に影響を及ぼす。 の2つをお伝えさせていただきます。 ①は筋肉の柔軟性がなければ、関節に負荷がかかり過ぎて関節に不具合を生じてしまうケースがあったり、骨格の歪みに繋がるケースもあります。 ②は呼吸に関わる筋肉や胃腸を動かす筋肉があります。その筋肉に柔軟性が無く、神経の伝達が悪くなれば内蔵器の動きが悪くなり、体に不調を及ぼすケースがあります。   ①や②にを引き起こさないためにも日頃か筋肉の柔軟性を作り、保つためにも治療やストレッチ、運動などをして快適な日々を過ごしていけるお体にしていきましょう。 立川わかば整骨院にお体の事について気になる点がありましたらご相談ください。 治療が必要な場合は原因を追求し根本となる骨格から治して日常生活を快適に過ごして頂けるようにサポートしていきます。   立川わかば整骨院 東京都立川市柴崎町2-6-5  青木ビルディング101 電話番号:042-526-8518     福生整骨院グループ 〒197-0022 東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F 電話番号:042-553-5445

骨産道
2018年01月22日

骨盤の大きさで安産になる!

骨盤は、ご存知の通り赤ちゃんを10か月もの間支え、子宮全体を包んでくれています。安産になるためには、赤ちゃんが楽に通れる大きさが必要です。 その際赤ちゃんがお腹から出てくる際の通り道で‘‘骨産道“と呼ばれる通り道が重要になります。 骨産道が広く滑らかでしたら、当然の事です赤ちゃんがスムーズに出やすくなります!ですが、骨盤を歪んだりしていると骨産道も歪んでしまいボコボコになってしまいます。いざ出産の時に赤ちゃんは骨産道をスムーズに通る事ができず難産になる可能性があります。(><) 残念な事に骨盤の大きさは自分自身でどうにかできるものではありません。もちろん、お尻の大きさ=骨盤の大きさではありませんので見た目にお尻の大きな人が安産かというとそういう訳ではありません。骨盤の歪みによって赤ちゃんがスムーズに出るか決まりますので歪みの無い骨盤を一緒に作りましょうね! 鈴木     福生整骨院グループ 〒197-0022 東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F 電話番号:042-553-5445

2018年01月18日

歩くことはやっぱり身体に良い!~東京都 立川市 中央線青梅線南武線多摩都市モノレール立川駅徒歩5分 立川わかば整骨院~

新年を迎え、徐々にいつも通りの生活リズムに戻られてきたかと思いますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?   正月ボケが抜け切れずにぼんやりしたり、正月に食べ過ぎて太ってしまったり、正月早々にインフルエンザにかかったりと、年の初めは色々体調に変化が出る時期でもあります。   そんな時はしっかり身体を動かして、ケアを怠らずにより健やかな生活を心掛けましょう!   私達、立川わかば整骨院一同も全力でお手伝いしていきます!       さて、しっかり身体を動かすとは言いましたが、『簡単に身体を動かす方法とは何だろう…』 と思うでしょうが、ほとんどの方が日常的に行っている動きがあります。   それは歩くということです!!!   よほどのことがない限り、歩くという動作は日常的に行っている運動になります。 運動という意味合いで言えば、ウォーキングとなりますね。   ウォーキングをするとどういったメリットがあるのか、意外に知られていませんので、ザックリと簡単に説明します!       その➀ カロリーを負担少なく消費できる! 1時間のウォーキングで消費するカロリー量は252kcalとなり、縄跳び15分では194kcal、水泳でクロール30分では183kcalとなっています。 運動習慣がない方はいきなり縄跳びや水泳は負担が大きく、抵抗があると思いますが、ウォーキングに関してはただ歩くだけなので、負担が少なく、消費カロリーも大きいです!   その➁ 生活習慣病の予防になる! 男性・女性とも、一日の歩数が多ければ多いほど、最高血圧の値が下がり、善玉コレステロールの数が増加しやすくなります! ただし無理だけは禁物!!!     その➂ 便秘が解消される! 便秘の原因も様々あるが、筋力低下による腹部の力みができなくなることも原因の一つと言われています。全身運動であるウォーキングで筋力維持や筋力アップを行い、歩くことで骨盤が動き、中にある消化器の蠕動運動を助け、便秘が解消しやすくなるのです!   その➃ 骨が強くなる! 日本骨粗鬆症学会によると、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2015年度版」で、複数の骨量減少・骨粗鬆症の女性患者に1日8000歩のウォーキングを週3日以上、1年間 続けたところ、腰椎骨密度が約1.7%上昇したという結果が得られています。   その➄ 睡眠の質が改善される! 人の体内時計をリセットするのは太陽の光です。 朝、日光を浴びてから約15時間後に睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌され、眠りに入っていきます。 朝7時に外に出て太陽の光を浴びながらウォーキングすれば、夜10時ごろにメラトニンの作用によって眠くなり、質の良い睡眠をとれる可能性が高まるのです また、午前中に運動すると、夜に副交感神経が活性化し、身体はリラックスしやすくなるというオマケ付き!     平成28年「国民健康・栄養調査」によると、日本の成人男性20~64歳の平均歩数は一日7769歩、成人女性は6770歩となっており、65歳以上は個々から男女とも2000歩ほど引いた値になります。   あくまでも平均なので、車移動やデスクワークの多い方などは一日5000歩未満になっているかもしれません。   厚生労働省は『健康日本21』で、一日の目標値として成人男性9000歩、女性8500歩、65歳以上は男性7000歩、女性6000歩となっています。…

2017年12月21日

ふくらはぎの痛みから完全復帰‼ハーフマラソン完走!~東京都小平市 西武拝島線東大和市駅徒歩2分 夢いっぱい整骨院~

今年も残すところ2週間を切りましたね。 新年の準備はお済みですか?   マラソンランナーのSさんです。 毎年、地元兵庫県のハーフマラソンに出場しています。   今年はふくらはぎの痛みを伴い、完走できるか不安でしたが バランス調整+筋膜リリースを行い ハーフマラソンを完走する事が出来ました!     マラソンは、身体のバランスによって使い方が変わります。 終盤も安定したフォームで走れることにより 最後までベストな状態で走れます!   夢いっぱい整骨院では あなたの生活に寄り添い、ひとりひとりの生活スタイルにあった治療を提供しております。 お身体のことで不安なことや疑問などががありましたら、まずはお気軽にご来院ください。   〒187-0032 東京都小平市小川町 1-388-1サン・プルーリオン1F TEL 042-313-2319   受付時間 月~金:AM 9:30~12:30/PM 3:00~8:30 土曜日:AM 9:30~12:30/PM 2:00~5:00 定休日 日曜・祝祭   福生整骨院グループ 〒197-0022 東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F 電話番号:042-553-5445

2017年12月06日

身体の炎症とは~東京都 立川市 中央線青梅線南武線多摩都市モノレール立川駅徒歩5分 立川わかば整骨院~

  今年も残り僅かになり、日に日に気温が落ちてきましたが、お身体の状態はいかがでしょうか? 立川わかば整骨院の日下です! この時期は症状に変化の出やすい季節です。 健康管理に気を使い、寒さに負けない体を作っていきましょう!!!!!     さて、今回のテーマですが、炎症です!!!!!   そもそも炎症とは何かということですが、骨折・脱臼・捻挫などのケガをすると腫れが出て熱を持ち鋭い痛みが発生したり、体内にウイルスや細菌が侵入すると喉が赤くなったり熱が出たりする、肺炎・肝炎・腸炎など、『炎』という文字が語尾につく疾患も、炎症が原因となっています。 炎症には「炎症の4徴候」という特徴的な症状があり、全身のいたる部分に起こり得る反応です。   発赤…組織に損傷・異常が起こった際、血管を広げて血液が集まって皮膚が赤く充血したように見えます。     熱感…血管が拡張し、血流量が増えて熱を感じるようになります。     疼痛…損傷を起こした組織、炎症部位から疼痛物質(痛みを感じさせる物質)を放出し、その物質を侵害受容器と呼ばれる受け皿が受け取ると、いくつかの神経を介して脳に痛み信号を伝え、ヒトは痛みを感じます。     腫脹…炎症が起こると血管の隙間が広がり、そこから細胞内に水分が漏れ出し、組織に腫れが出ます。     これらの症状をまとめて炎症の4徴候と呼び、これに加えて痛みや腫れによって筋肉や関節の動きが妨げられてしまう『機能障害』も含んで5徴候という時もあります。   炎症はとても不快なものですが、身体にとっては異常事態を解決する、とても重要な生体防御反応なのです。               炎症というものを簡単に説明すると、ケガや細菌などによって壊された組織を一度取り壊し、そこに新たな組織を作り出し、人の身体の環境を一定に保とうとするシステムなのです。   ですが、これだけ身体に重要なシステムだとしても、私たちにとっては不快でしかないものです。 少しでも早く症状を取り除きたいという方は是非とも立川わかば整骨院までお越しください!     立川わかば整骨院 東京都立川市柴崎町2-6-5 青木ビルディング101   電話番号:042-526-8518 日下 一貴   福生整骨院グループ 〒197-0022 東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F 電話番号:042-553-5445