夏に不足しがちな栄養素

59E78D62-63E5-4A00-9C76-C81D31608E48

 

こんにちは!

あひるの整骨院です。
前回夏バテについて記事を書きましたが、今回は夏に不足しがちな栄養素について書いていきます。
○タンパク質○
タンパク質は身体を作る上でとても大事な栄養素です。
夏は基礎代謝が高まるため、普段以上に多くタンパク質を消費するので不足しやすくなります。
タンパク質が不足すると疲れやすくなってしまいます。
肉、魚、大豆、卵、乳製品などには、多くのタンパク質が含まれています。
○ビタミンB1○
ビタミンB1はエネルギー代謝に欠かせない栄養素で、不足すると摂取した炭水化物を効率よくエネルギーに変換することが出来なくなるので、疲れやすくなってしまいます。
豚肉、レバー、うなぎ、豆類、玄米などに多く含まれています。
○ミネラル○
ミネラルは、ビタミンと互いに影響し合いながらエネルギーを作り出すのを助ける働きがあります。
海藻類、きのこ類、豆類、野菜、果物、魚介などに多く含まれます。
これらは夏不足しやすく、夏バテの原因になってしまうので、積極的に摂取するように心掛けましょう!!
夏バテを防止する栄養素として、プラスαで摂取していただきたいものも紹介します。
○アリシン○
ねぎ、にら、たまねぎ、にんにくなどに含まれる特有の刺激臭や辛味成分のある物質です。
これはビタミンB1の吸収率を高め、効果を持続させる働きがあります。
○クエン酸○
クエン酸は酸味成分なので、疲労物質である乳酸を分解し、外に排出する効果が期待されるので、疲労回復に役立ちます。
梅干、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系、お酢などに多く含まれます。
○香辛料○
夏は食欲が無い時があると思いますが、香辛料を摂取することで胃液の分泌が促進し、食欲が湧きます。
胡椒、唐辛子、わさび、みょうが、ねぎ、しそ、にんにく、しょうがなどに含まれます。
今回挙げたものは摂取していただきたいですがバランスが大切ですので、偏りのない食生活を送れるように意識して今年の夏も乗り越えましょう!

TEL:0425507222
https://peraichi.com/landing_pages/view/ahiruno

あひるの整骨院  秋川駅徒歩1分
〒197-0804
東京都あきる野市秋川2-7-7 メディオ秋川1F
042-550-7222
受付時間
月~金:AM 9:00~12:30/PM 3:00~8:00
土曜日:AM 9:00~12:30/PM 2:00~5:00
定休日 日曜・祝祭

福生整骨院グループ

〒197-0022
東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F
電話番号:042-553-5445

«