身近な人が目の前で倒れたとき、その命を救うため、あなたにできること 。~AEDの使い方~ 東京都 あきる野市 五日市線秋川駅徒歩1分 あひるの整骨院

交通事故によって生じたゆがみは、早期治療開始と専門的な治療が、その後のゆがみや症状へ大きく影響します。

交通事故に遭われてしまったら、どんなに軽い事故でも、症状がなくても、必ず病院の診察を受けましょう!

今日は「身近な人が目の前で倒れたとき、その命を救うため、あなたにできること 。~AEDの使い方~」を書いていきたいと思います。

AEDの使い方

心臓が止まる原因のひとつに「心室細動」があります。

心室細動とは、心臓の筋肉が細かく震えてしまい、全身に血を送りだせない疾患のことをいいます

AEDは、この「心室細動」の状態を電気ショックにより、心臓の筋肉を元の正常な状態に戻す医療器具です。  

AEDの利点は、使用方法が簡単で、音声メッセージに従って操作できるようになっているので、必要なときに、その場にいる誰もが使えるという点です。  


 では、使い方をご説明しましょう。  
 前回のブログで、AEDをもってくるよう頼んでいますが(救急車とAEDの手配)、心肺蘇生法を行なっているときにAEDが届いたら、心肺蘇生法を中断して、ケースから本体を取りだして電源を入れます。

次に傷病者の衣服を脱がして胸をだし、AEDの電源パットを貼ります。

  ※傷病者の身体が汗なで濡れている場合はよく拭き取ります。

  ※体毛が濃い場合は強く貼りつけるか、体毛を除去してからパットを貼ります。

 
電源パットを貼ったら、 自動的に心電図の解析を行なう(解析ボタンを押すタイプもあります)ので、周囲の人に離れるよう促します

電気ショックが必要な場合は、音声メッセージに従ってショックボタンを押します。

このときも、周囲の人に傷病者から離れるよう促してください。  


電気ショックが終了したら、音声メッセージに従って、心肺蘇生法を再開します。

大変危険ですので、人を傷病者に見立てた練習はせず、専用の人形を用いてください。

妊娠中の方は危険ですので、出産後、心身ともに落ち着いてから講習を受けましょう。

交通事故によって生じたゆがみは

早期治療開始  と  専門的な治療 が

その後のゆがみや症状へ大きく影響するため、

当院での徹底したゆがみの治療で根治を目指しましょう。

あひるの整骨院では、あなたの健康をゆがみから守るために、

ひとりひとりの状態に合った最善の治療の提供を心掛けております。

どんな相談も受け付けしておりますので、まずは一度ご来院ください。

 

あひるの整骨院

〒197-0804
東京都あき野市秋川2-7-7
TEL 042-550-7222
受付時間
月~金:AM 9:00~12:30/PM 3:00~8:00
土曜日:AM 9:00~12:30/PM 2:00~5:00
定休日 日曜・祝祭日

 

 

福生整骨院グループ

〒197-0022
東京都福生市本町58 メゾンンドヌール山崎1F
電話番号:042-553-5445